about  brand  twitter  antenna  
2012.12.15



 2泊3日で京都へ出かけてきました。しばらく天気の悪い日が続いていて心配だったのですが、ちょうど旅行の3日間はとてもよく晴れてくれてよかったです。ただ、晴れているとはいえ、やはり冬だったので寒かったです。昼間は街のあちらこちらを歩きまわっていたのであまり気にならなかったのですが、夜は震えがとまりませんでした。まるで寒さが足元から忍び寄って来るかのようでした。
 今回は買いものを目的とした旅だったのですが、いつもの旅行よりもゆっくりと過ごすことができたような気がします。予定もおおまかにしか決めていなかったので、街を歩いていてふと目に入ったお店にも時間を気にせずに入ることができました。観光名所をめぐる旅もいいですが、こんな気ままな旅もいいですね。

京都散歩メモ

一日目

・東山・祇園
 お昼に京都へ到着。早速その足で趣のある湯どうふのお店へ。時期によってはとても混んでいるお店ですが、今回はすんなりと入ることができました。メニューはコースの昔どうふ一通りを選んました。口の中でほろほろと崩れてゆく触感がたまりません。
 お昼を楽しんだ後は甘いものが恋しくなったので和アイスのお店へ。前回は時間がなかったので立ちスペースでしたが、今回は余裕があるのでカフェスペースでパフェをいただきました。アイスはもちろんのこと白玉や八橋など京都らしいものがたっぷりと使われていてとてもおいしかったです。
 お腹が満たされたところで四条通沿いを散策。有名なあぶらとり紙のお店で柚子のあぶらとり紙とフェイスタオルを購入。柚子のあぶらとり紙は季節限定商品だそうです。お次も有名なお茶屋さんで大福茶(おおぶくちゃ、と読みます)と抹茶菓子を購入。大福茶とは京都ではお正月にかかせないお茶だそうです。他にもおみやげにぴったりなお店が通りにずらりと並んでいました。


二日目

・寺町通・三条通・河原町
 散策の前に三条通のカフェで朝食。この日は長い時間ひたすら歩く予定だったのでスタミナがつきそうなミートローフセットを選びました。京都のガイドブックにはかならず掲載されているお店ですから味は言うまでもありませんね。
 活力をつけたところで散策スタート。まずはガイドブックで見て気になっていた手芸材料のお店へ。海外のめずらしくてかわいいビーズやチャームがたくさん並んでいました。どれを買おうか悩んていたら1時間半も過ぎてしまいました(笑)お次はボタン専門のお店へ。1階だけでもたくさんのボタンが並んでいるのですが、2階はもっとすごい光景が広がっているので必見です。まるでボタンの博物館のようですよ。他にもおしゃれな雑貨屋さんがあちらこちらに散らばっていてとても楽しい町でした。
 歩きつかれたので不思議な雰囲気の喫茶店でひと休み。レトロな内装と青い光がまるでどこか違う世界へ迷い込んだように思わせます。歩きまわって凍えた体にあたたかいカフェオレが染みました。

・嵐山
 夜になってから嵐山へ。京都嵐山花灯路というライトアップのイベントへ行ってきました。嵐山のあちらこちらが行燈の灯りでぼんやりと照らされていて幻想的な景色が広がっていました。特に竹林の小径は金色や青色の光を含んだ竹たちがゆらゆらと揺れていてとても美しかったです。昼とは違う表情の嵐山を見ることができてよかった。

三日目

・伏見稲荷大社
 朝食は後まわしにして伏見へ。駅を出るとすぐに伏見稲荷大社の朱色の鳥居とお狐さまが出迎えてくれます。時間が限られていたので広い境内をすべて見られませんでしたが、有名な千本鳥居の中を少し歩くことができました。境内のあらゆる場所にお狐さまがいるのですがお狐さまごとに口に咥えているものが違うので比べてみるのも楽しいです。今度は時間に余裕を持ってきたいな。

・京都駅
 京都を発つまでに少し時間があったので駅で朝食を兼ねた少し早い昼食をとり、すぐ隣の伊勢丹の地下でおみやげや夕食のお弁当を買いました。京都らしい素材をつかったおいしいお料理を揃えたお店がたくさん並んでいます。新幹線や高速バスを利用して京都旅行へ出かける方はこちらでお弁当を買うことをおすすめします。

  管理者にだけ公開する

trackback url
http://alphy.blog54.fc2.com/tb.php/261-ca3ec280