about  brand  twitter  antenna  
2012.04.03



 2泊3日で瀬戸内旅行に出かけてきました。今回はいつもよりも遠いところへの旅だったので、半日以上も高速バスに揺られたり、船の中で宿泊したりと移動がとても大変でした。けれど、旅先で歴史あるものや美しい景色を目にすると、それまでの疲れを忘れてしまいました。そんなすばらしい出会いがあるから旅はやめられません。
 こんな時期なので、もしかしたら観光のついでに桜を見られるかもしれないと期待していたのですが、残念ながらどの場所もまだ咲き始めの状態でした。お花見はもうしばらくお預けですね。

ひとくち瀬戸内メモ

・赤間神宮
まるで浦島太郎に登場する竜宮城のような外観でした。すぐ傍らには安徳天皇の陵や平家一門の墓があります。

・瑠璃光寺
こちらの五重塔は日本三名塔のひとつだそうです。東寺や法隆寺の五重塔に比べると飾りが少なくすっきりとしていました。

・錦帯橋
反った橋が5つ連なっているという珍しい構造の橋。橋そのものもうつくしいのですが橋の上から見渡す岩国の景色もすばらしいです。

・厳島神社
海の上に浮かんでいるかのように造営された神社。社殿はうつくしいだけではなく災害に備えて合理的に作られているのだとか。

・広島市内
名物のお好み焼きをいただきました。大阪のお好み焼きに比べて生地はとても薄いのですが、麺が入っていてボリュームは満点でした。

・後楽園
回遊式の広々としたこちらの庭園は岡山藩主が作らせたのだそうです。丁度、梅林の梅が満開になっていて春の訪れを感じました。

  管理者にだけ公開する

trackback url
http://alphy.blog54.fc2.com/tb.php/231-a862b851