about  brand  twitter  antenna  
--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.25



 むかし、とても仲のよかった子がいた。何をするのにもいつもいっしょで、おたがいの家にあそびにいったり、ちかくの神社や公園へあそびにいったりしていた。けれど、大きくなるにつれて、彼女はバスケットをはじめたり、男の子たちとつきあうようになって、わたしは本をよみはじめたり、あまり人とつきあわなくなった。

 この前、彼女のおばあちゃんに久しぶりにあって。ここ最近はどうしているのかきいてみたら、ずっと寝こんでいるそうでした。彼女はもう2度結婚していて、こどももいて。すごいな、しあわせにむかって生きているのだな、わたしとはちがうな、と思っていたのだけど、そうじゃなかった。あの子はむかしから身体がよわかったのだけど、その身体のよわさが彼女の人生の足をひっぱっているのかと思うと、かわいそう。おばあちゃんがはっきりと言ったわけじゃないけれど、彼女はあまり長くはいきられないような気がする。あの子は髪はそめていないのにつやつやのキャラメルみたいな色の髪で、肌は雪みたいにまっしろで。縁起でもないけれど、美人薄命ということばが頭をよぎった。
 できることなら、しあわせにうまくむかっていけないわたしの身体と交換してあげたいと思った。けれどそれはどうしても無理なことなので、せめて彼女の体調がはやくよくなますように、とこっそり祈った。

  管理者にだけ公開する

trackback url
http://alphy.blog54.fc2.com/tb.php/172-ca7ea0ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。