about  brand  twitter  antenna  
2012.08.22



 うさぎのチャームと小さな花のドライフラワーをエポキシ樹脂で閉じこめてネックレスをつくりました。まるで花畑の中でうさぎが佇んでいるかのようです。orenge pekoeのアルバム「Wild Flowers」のジャケットをイメージしました。ここに収録されている曲たちもジャケットの花や動物たちのようにいきいきとしています。今の時期におすすめ。
 遅くなってしまいましたが、イベント参加のお知らせです。8月26日(日)に開催されるガタケット123に参加させていただくことになりました。会場は新潟市産業振興センター、スペースナンバーは「B-07a」です(※入場の際にパンフレットを購入する必要があります)。写真のネックレスのようなエポキシ樹脂のアクセサリーやコラージュのグッズなどを販売いたします。ぜひ足を運んでみてくださいね。
2012.08.18



 ようやく再就職が決まりました。面接を受けた時の感触があまりよくなかったので、まさか採用の連絡が来るとは思ってもみませんでした。先週末から入社して数日が経ちますが、なかなか仕事を覚えられません。働いていなかった期間が半年もあるせいかな。初歩的なことでつまづいて周りの方に迷惑をかけながら仕事をしているので、とても申し訳ない気持ちでいっぱいです。これから少しずつ働く感覚を取り戻していきたい。
 入社したばかりのせいかもしれませんが、この仕事を続けていけるのかとても不安です。面接を受けるために会社に初めて足を踏みいれた時、あまりいい気分がしなかったのです。会社の雰囲気が明らかに悪いという訳ではなく、わたしの勘のようなものですが。今はまだ試用期間ですが、これから正社員として雇用される予定なので一生懸命に働かなくては。どうかあの悪い予感のようなものは外れてほしい。
2012.08.07



 ブドリの縫いぐるみとパンフレットが欲しくなったので、また「グスコーブドリの伝記」を観にいってきました。テレビで放送されていた特別番組を観た後だったので、初見でとても不思議に感じていたいくつかのシーンの謎がとけておもしろかったです。ただ、どうしても実写の人形?のシーンだけはパンフレットを読んでみても分からずじまいでした。あれはいったい何を表しているのかな。もし分かった人がいらっしゃいましたら、こっそり教えてください。
 映画に限ったことではありませんが、好きな作品は何度みてもあきません。公開されたばかりの頃はもちろん、何年も経ってからふと思い出してみたり。あの頃はまったく気にしていなかった部分に何かを見いだすかもしれないし、その頃の記憶がよみがえって懐かしい気持ちになるかもしれない。わたしは生きているうちにそういうものにいくつ出会えるだろう。
2012.08.06



 前職の同僚の方から暑中見舞のはがきが届きました。わたしが会社を辞めたときのことに触れられていて、気が滅入ってしまいました。ただでさえ次の仕事がなかなか見つからず、やりきれない思いでいるというのに。あの上司の罵声も同僚の憐みの視線も二度と思いだしたくないのに。わたしの痛みはわたしにしか理解できない。助けてほしいだなんて一言も口にしていない。もう、放っておいてほしい。
 ひとまず返事を書かなくてはならないと思って、暑中見舞用のはがきを買ってきました。かき氷と花火が描かれた、とても夏らしいはがき。返事を出したら、もう今年はかき氷を食べない。花火も見にいかない。きっと暑中見舞のことを思いだすから。