about  brand  twitter  antenna  
2009.12.23



 クリスマスには少しはやいけれど、古町よりも先にあるフランス料理のお店へ食事をしにいってきました。マンションの1階にある、ちっちゃなお店だけれど、本格的なフランス料理を食べさせてくれる。フランス料理はもちろんおいしいけれど、見た目もうつくしくて。静かなお店のなかで、思わずため息をついてしまう。デザートは宝石みたいにきらきらしていて、まぶしかった。
 わたしの書いたものや詠んだものたちは、他のひとたちの目にはどんな風にうつっているのかな。
2009.12.12

ku:nel (クウネル) 2010年 01月号 [雑誌] 森ガールvalon vol.1 (タツミムック)

 最近よんでみた雑誌、2冊。森ガールバロンは今までよんだどの森ガール本よりも、力が入りすぎていなくて、すきです。表紙のこにたんもすごく自然で、なじんでる。Ku:nelはパリ特集と、ふろくのシンプルなカレンダーにひかれて。インタビューをうけているみなさんが何かにこだわり(たとえばおいしいものに出会いたいとレストランめぐりをするドミニクおじさんや、パリ伝統の軽食をたべてもらいたいとお母さんゆずりのキッシュをつくるピエールさんなどなど・・・)を持っていてすばらしい。でも、一生懸命になりつつも、人生をたのしんでいるところがまた、いい。わたしもいつか、パリへいってみたいとおもう。
2009.12.07

91112_3.png

 接骨院のかえり、何だかあたたかいものが食べたくなって。久しぶりにコンビニによって、チーズカレーまんを買いました。本当は肉まんが食べたかったのだけど、準備中っていうふだが下がっていたから。意外にチーズとカレーって、あうかも。
 ひとりでチーズカレーまんを食べながら、夜道をあるく。あいている右手で携帯をひらけば、液晶画面のなかに名前がならぶ。親しいひと、そうでもないひと、会社のひと、それからいろいろ。きっとこの時間だから、みんな橙色のあかりのなかで誰かとしずかな夜の時間をすごしている。