about  brand  twitter  antenna  
--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.30



 すこしずつ、時間の流れがゆるやかになってきている。慌しい季節をこえ、いつもの通りの街へともどってゆく。やっと、ゆっくりねむれそう。もう、ねむることをおそれなくても、よくなるのね。
 最近、ふとした瞬間によくこんな声を耳にする。「一番深いところから、世界を見てごらん。そうしたらこの世界が何色をしているのか、わかるから。」、と。どういうこと?わたしは問いかけてみるけれど、そこには誰もいなくて。声ももうきこえなくて。深いところ、って一体どこのことなのかしら。
スポンサーサイト
2008.01.14



 友人と一緒に成人式へ。わたしはこの前買っておいた黒のビロードのワンピースと、母からもらった真珠のネックレスを身につけていった。元々、この友人というのは、成人式へいくのをためらってた。それでも一生に一度だから、と言って無理矢理つれてった。でも、会場いっぱいの色鮮やかな振袖たちをみていたら、何だかわたしたちはここにいてはいけないような気がして。結局会場にははいらず、同じ建物内の美術館でやっていた、スペイン版画展をみにいくことにした。
 版画展は主にゴヤの版画が展示されていたのだけれど、版画とはおもえないほど、細かいところまで表現されていておどろいた。それから、有名なひとだとはわかっているけれど、戦争をテーマにしているせいか、目をおおいたくなってしまう版画が多かった。でも、目をそむけてはならないのね。これは遠い昔の痛みの記憶なのだ、と。
2008.01.12



 メモをとりはじめた。その日あったことをかんたんに書きいれるようなメモ。日記じゃない。毎日のようには書かないから。書くのはこの日のことはわすれたくない、とおもった日のことだけ。
 その日買いものをしたなら、たとえば服をかったなら、服についていたタグをメモのわきにぺたりとはりつける。美術館へいったなら、パンフレットをぺたり。この作業がとてもたのしい。今度、あたらしいカメラをかうつもりなので、写真メモにしてもいいかも。
2008.01.12



 まわりのひとたちは三連休だというのに、わたしの場合その初日は休日出勤で。なんだか悲しかった。お正月はいそがしくていけなかった、図書館へいくつもりだったのに。わたしのお休みをかえして、と雪のふりしきる窓をにらむ。
 今日の夕食はじゃがいもでできたピザに、生ハムのサラダ。なんだかどこかのイタリアンレストランみたい。この前買ってきたりんごのお酒といっしょに食べる。おいしいものがあると、お酒もきもちよくすすむ。

(あけまして、おめでとうございます)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。