about  brand  twitter  antenna  
2007.11.26



 今までは電車通勤だったけれど、天気がわるい日が多くなってきたので、今日からはバス通勤にすることにした。ほんとうは電車の方がすきなのだけど。
 朝のバスの中でaikoのアルバムを聴く。彼女のつくるメロディーや歌詞はかわいらしい。思わず恋したくなる。だけどわたしはめんどうくさがりで、いつも映画や小説で満足してしまう。もしかしてこれってあぶないのかしらん。
 帰りに大きな橙色の月をみた。スターバックスのランプみたいだった。今晩は眠る前にあたたかいココアでもつくろう。誰のためでもなく、わたしのために。
2007.11.25

Wild Flowers(初回生産限定盤)(DVD付)
 ひさしぶりによく晴れた、あたたかい一日だった。家にいてもなにもすることがなかったので、いつもは行かない古町の方へでかけてみる。街中が午後の光であふれていてまぶしい。まぶしすぎてわたしの小さな影は今にもとけてしまいそうだった。
 ふらり、と寄ったCDショップでオレンジペコーのアルバムをみつけたので、手にとってしまった。"Wild Flowers"の極彩色のパッケージもまた、まぶしい。あと、ずっと買おうとおもっていてわすれていたaikoのアルバム「彼女」もやすくなっていたので買ってみた。明日から仕事がはじまるから、通勤するときにでもきこう。
 明日からはまたさむくなりそうな気がする。夜へと向かう空の色がひどくつめたい。
2007.11.21



 とてもさむくて温まりたかったから、またスターバックスに立ち寄ってしまった。今日はもちろんクレームブリュレラテをオーダー。ふわふわのクリームを少しラテにひたしてから食べてみる。クリームとシナモンの甘さとラテとカラメルの苦さがちょうどよくあわさっていて、おいしかった。甘くて温かいものを飲むと、何だかほっとする。
 ラテを飲みながら、図書館で借りたばかりの仏語についての本を読んだ。仏語を話している人とは会った事はないけれど、仏語の持つやわらかい雰囲気に引かれる。仏語、習ってみたいな。もしもわたしが仏語を話せるようになったら、言語の雰囲気と同じく、やわらかくやさしい人になれるんじゃないか、と思って(ばかばかしい考えだけど)。すべてを許せるくらい、やさしい人になりたい。
2007.11.18



 ずっと気に留めていたことを今日、ゆるしてもらってほっとしています。きっと二年のうちにすこしずつ、かつての感情はうすまってきたとおもうのだけれど、やっぱり、目をあわせてきいてみなきゃだめだった。ほんとうに、よかった。もう泣かなくてもいいし、目をそむけなくてもいい。うそをつかなくてもよくなる。
 いつの間にか毛糸玉はすっかりほころびきっていた。だいじょうぶ、世界はわたしたちがおもうほど、悪い方向へはむかっていない。編み目をまちがえたのなら、ほどいて、ほどいて、何度でも編みなおせばいいの。
2007.11.17



 温かいオレンジいろの光にひかれて、スターバックスにちょっぴりよりみち。今日は温まりたい気分だったから、カフェミストをオーダー。ふわふわのミルクでカップがいっぱいになっていて、味もふつうのコーヒーよりもやさしい気がする。
 まわりの席には学校帰りのおんなのこたちやカップルがすわっていた。新作のクレームブリュレラテの赤いカップをもっているひとがたくさんいて、すこしうらやましかったな。わたしも今度それをオーダーしようかな。
 近頃、ひとがしあわせそうにしているのを見るのがすき。わたしのことはどうだっていい。しらない誰かがわらっているのを遠くから見るのがすき。寒さがきびしくなってきたせいか、温かさが身にしみる。温かいなあ。